ETCカードの審査に通らない場合とは?

 

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。ETCカードの審査に通らないと手に入れることができないというポイントがありますがそれでも便利なことには違いありません。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンを使えれば比較的スムーズに進めます。

年会費無料のETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。その審査に通るかどうかが問題なのです。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わり高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっていますが早めに連絡するようにしてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

その際クレジットカード会社によって対応の違いが多少あると思いますが多くの会社では24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに機会を設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式は見た目が小さくなり、シート下にしまうため操作性を阻害しない反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。

皆さんはETC カードを作る際にどういった部分をチェックしてカードを作りましたか?クレカの新規申し込み時に同時に発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだ年会費無料のETCカードを申し込んでいない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのクレカ支払い時にポイント還元率が高くなっているものや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。その場合にはもちろん審査に通りにくくなるということです。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、取り扱っているカード会社が多くてどこを選べばいいか迷ってしまいます。またETCカードを作るためには審査に通る必要があるため審査が不安な方もいるかもしれません。

参考:ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

カードごとにどういった違いやメリットがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、年間の利用額関係なく、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなど条件付きで無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料の場合、ほとんどの場合更新費も有料になっていることが多いです。

年会費無料のETCカードを使って高速道路の出口を通過する際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されません。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を走行しない時のカード管理を皆さんはどうしていますか?ネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしにしている人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし紛失盗難が起きてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードを使おうと思ったら起動時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし使っていない・持っていないならすごくもったいないです。

ETC利用で高速道路の料金割引が適用されるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。そのためには審査に通ってETCカードを借り入れる必要があるのです。

また、割引適用外区間でほとんどの人が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

 

ETCカードの審査が甘いのはどこ?

 

知っているようで知らないルールってありませんか?一例としてETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますが正しいカードの向きで挿入してください。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由でレーン出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として事務局に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

他には、毎年必ず年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

それは「給油するときにETC決済はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中でクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

楽天カードのクレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。審査は通りやすいという話なのですがETCカードの年会費が必要になるのはマイナスですよね。

年会費が発生するのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?年会費無料のETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンで係員とやりとりをして支払いするより短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

高速道路を利用する車の9割が年会費無料のETCカードを使っていると聞きます。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

クレカを所持していない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

年会費無料のETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方は基本的にクレカを作る必要があります。そのためにはクレカの審査に通らないといけません。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即時引き落とす方式になっていると新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。