プライオリティパスとは?

 

プライオリティパスとは、空港ラウンジでのサービスを提供する企業のことです。

 

プライオリティパスが設立されたのは1992年のことで、香港、ロンドン、ダラスを拠点としています。

 

現在では世界90ヵ国以上600ヵ所以上に設置されている空港ラウンジが利用可能になるサービスです。

 

プライオリティパスの会員になったら、その時点で利用している航空会社やチケット種別にかかわらず、加盟空港のラウンジを利用できるようになります。

 

ちなみに会員になるための方法は、プライオリティパスと提携しているカードの入会券を利用することで、年間99米ドルが必要です。

 

これはスタンダード会員の年会費であって、よりサービスが上のスタンダード・プラスで249米ドル、プレステージ会員で399米ドルとなります。

 

サービスの内容を考えれば安いと感じるかもしれませんが、わざわざ年会費を払うことに抵抗があるという方もいることでしょう。

 

そんな時は提携クレジットカードに入会すれば、クレジットカードの年会費のみでプライオリティパスを利用できるようになるのでおすすめです。

 

どんなクレジットカードでも良いというわけではありませんが、これなら気軽に利用できるようになりますね。

 

頻繁に海外へ行く方にとって、プライオリティパスの会員であるということは、大きなメリットになります。

 

飛行機に乗る前の時間を、静かで落ち着いた空間でくつろぐことができるようになるからです。

 

より良いサービスを受けたい方に、おすすめです。

プライオリティパス提携クレジットカードの作り方は?

 

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、この2つは似ているようのも感じますがプライオリティパス提携クレジットカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に受かることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるためプライオリティパス提携クレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いプライオリティパス提携クレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

ネットで買い物をするのにプライオリティパス提携クレジットカードがあると便利なのでクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

参考:【クレカの極意】クレジットカードの審査に通らない方へ

落ちる原因として多いのがクレジットヒストリーに問題があることです。

例えば、以前借りていた他のローンの返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

プライオリティパス提携クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社はどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

知っているかもしれませんが、審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

全国の企業ひとつひとつの年収の平均を把握しているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと過去の申し込み者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいもらっているだろうというデータがあり、そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているプライオリティパス提携クレジットカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いのみできるなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。

代表的なのはイオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社です。

その際の手順としてはWEB申し込みをして結果が通知されます。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、場合によってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、プライオリティパス提携クレジットカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

職場の人にあまり知られたくないことといえばローンを組むことやプライオリティパス提携クレジットカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用では都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

 

プライオリティパス英語公式サイト